転職を失敗しないためにできる工夫

転職を失敗しないためにできる工夫

転職先でまずやるべきこと

転職の機会を探し、転職先を見つけ、元の会社を円満にやめることができ、いよいよ転職先に出勤することになったとした場合に、何をまずやるべきでしょうか。陥ってしまう罠として、まずは自分の能力を認めてもらおうと無理をしてしまうことです。無理にもいろいろなパターンがあり、我先にと独りよがりに先走ったり、人の功までさも自分がやったことのように言ってしまったり、他の職場の人との協力を拒んでしまったり、アピールが強すぎて職場で浮いてしまったりということがありえます。

そういったことのないように、まずは自分の前に巡ってきた仕事に対して真摯に落ち着いて向き合うことが必要です。さらに、その仕事を進めるにあたってその会社の考え方ややり方をまずは尊重し進めてみることが大事です。よく前にやっていた自分の仕事のやり方ですべてやってしまおうというすることが見受けられますが、それが求められている場合を除き、最初は進め方については新しい会社の進め方を学び、それに則ってやってみるべきでしょう。

そうしてその会社のやり方をしっかり理解した上で、改善すべき点やおかしい点があれば言っていくという姿勢が大切です。何もわからないうちに自分のやり方を周りに押し付けることは、その会社にとってもプラスになりません。自分の力を認めてくれるようになれば自然と自分の意見に耳を傾けてくれるようになるでしょう。