転職を失敗しないためにできる工夫

転職を失敗しないためにできる工夫

転職はテクニックより自己分析から始めます。

転職はテクニックより自己分析から始めます。テクニックはネット情報などを活用したりすることはできます。自己分析は自分だけしかできません。長所もあれば短所もあります。ですから、転職など就職活動を行うためのロールプレイングなどに参加して、他の人とのコミュニケーションのなかで自己分析をして、改めて気づくこともあります。このようなことは、ハローワークなどの行政機関や、民間の就職・転職会社がプログラミングしていることがあり、できるだけ利用します。大抵は、まず履歴書を見直すことから始めるでしょう。履歴書は、応募者が多いことを想定し、できるだけ簡略化し、そして印象に残るようにアピールして書きたいものです。

相手が、ぜひ面接してみたいという気持ちを起こさせなければならないからです。そして、面接対策は、よくネット情報などを事前に活用します。転職動機が曖昧なら、「別の会社でもいいじゃないか」と思われますから、そこで終ってしまいます。そして転職・面接テクニックだけがよく習得できて、いざ入社して現場に使ってみると、まったく想定外だったというケースもあります。面接では「できる」と見込んでいたが、実際は「まったくできない」と評価されるケースです。テクニックだけでは、実際の仕事は世渡り上手みたいに思われ、現代は処世術だけでは通用できなくなっています。ですから、起点に立ち返り、「なぜ転職をしたいと思ったか」から自己分析を始め、芯をしっかりと持つことが肝要です。