転職を失敗しないためにできる工夫

転職を失敗しないためにできる工夫

転職に踏み切るのがこわい

今の仕事では自分の力が発揮できない、今の会社内の人間関係では自分らしく仕事をすることができない、などと感じている場合は、転職することが常に頭の中にあるかもしれません。転職をして自分を活かせる職場で再スタートをしている自分の姿を想像し、意を決して転職の行動を始めようと考えると、今度は、もし今の仕事を辞めて次の仕事がうまく見つからない場合には、生活はどうなるのだろう、家族になんと言ったらいいだろうという考えが浮かんできてしまうことがあるでしょう。

転職をするのがこわいというのは当然です。社会人になってキャリアを積んだ人であればそのリスクはよく理解できるはずです。リスクがあることに対しこわいという感情が湧かないのはかえって問題です。しかし、こわいということと行動を起こすかどうかの判断は別だと考えましょう。これができるのが優秀なビジネスパーソンともいえます。ビジネスの世界でも、リスクを冷静に判断した上で行動を起こします。この世にリスクのないことなど存在しないのです。転職を成功させるには、こわいと思う感覚は必要です。リスクに対するアンテナが正常ということです。これに一歩踏む出す勇気が加われば転職を成功させることができるはずです。