転職を失敗しないためにできる工夫

転職を失敗しないためにできる工夫

転職は自らを活かすための職業選択肢です。

転職は自らを活かすための職業選択肢です。自らをダメにする、または家族を犠牲にするためは、あまり好まれません。もちろん、職業選択の自由は保障されていますから、転職したからと言って批判されるべき必要はありません。道義的に、前職を辞めるときには、周囲への配慮も考えて円満退職が望ましいです。職場環境にもよりますが、退職の意向を示したとき、引き止める上司もいれば、引き止めずあっさりしている上司も現実には存在しています。唯一心配してくれる上司が存在するとすれば、次の仕事先が決まっているかどうかを尋ねてくるでしょう。

たつ鳥あとを濁さず、みたいな感性は独特なる文化体質のなかにいまでも存在しているかどうかは、検証できませんが、あまり乱暴な辞職はすべきではありません。最悪は喧嘩して辞めた、みたいな事例ですが、珍しくはなかった時代もあります。みずから社会的評価を落とす必要はありませんが、社会的評価だけを獲得したかったら、転職するに値するかどうかを比較衡量し天秤に計ります。転職の突破口は、情的作用も必要であることを知り、合理性も知ることが判断力に繋がります。学ぶより慣れろ、というならば、慣れるよりチェレンジせよというべきが至当です。理論を実行する仕事はあれど、言い訳と呼ばれようが、理屈はあとでもついてきます。つまり合理性も大事であり、打算上だけで生きることは、例え転職でもつまらないものです。